ナイトブラは授乳中・卒乳後も付けるべき【産後ケアも必須】

世代を問わず人気を集めているナイトブラは、バストの形をきれいにホールドするのが目的である以上、胸まわりを圧迫するような印象を与えがちです。

普段であれば問題なくても、妊娠中や授乳中、卒乳直後など、胸の大きさに変動がある時期だとどうでしょうか。

胸に負担をかけることになるのではないかと、不安に感じる方もいるでしょう。

この記事ではそんな悩みにお答えし、マタニティ向けのアイテムをご紹介します。

授乳中・卒乳後もナイトブラしてOK

妊娠中は、マタニティブラを使うべきという話はよく知られています。

デパートなどでも専用のスペースが設けられているのを見かけたことがあるでしょう。

産婦人科でも勧められるはずです。

それでは、授乳中や卒乳後はどうなのか、気になるところです。

特別な対策が必要なのでしょうか。

  1. 授乳中のバストをナイトブラでサポート
  2. 卒乳後のしぼんだバストにはナイトブラが有効

授乳中こそナイトブラが必要

授乳中は、妊娠中ほどではないにしてもバストの大きさが変化しやすい時期にはかわりありません。

赤ちゃんに授乳するために、乳腺が増えることがわかっています。

その乳腺を支えるクーパー靭帯が伸びてしまって、きれいなバストラインが保てなくなる事態を防ぐためにはナイトブラが必要です。

また、授乳中は母乳が出やすい環境づくりが大切。

母乳が出やすくするには、リンパの流れが滞らないことが不可欠です。

寝ているあいだ、ナイトブラをつけてバストの位置をだしくキープしたり、寝返りなどでバストがつぶされてしまわないようにしたりすることで、リンパの流れがよくなります。

とくにホルモンバランスが崩れやすく、体温が下がりやすい授乳中こそ、ナイトブラでバストを守ることが必要なのです。

卒乳後は垂れ乳防止のためにもナイトブラが必須

卒乳後は、赤ちゃんに母乳を与える役割から解放されたバストが、急にしぼんでしまうという現象がみられる場合があります。

授乳中の影響を受けて、乳首が伸びたり黒ずんだりする人もいるでしょう。

これらは、女性ホルモンのバランスが崩れることが影響していることが多いです。

マッサージやサプリなどでケアするのもおすすめですが、忙しい卒乳時期になかなか手間ひまかけていられないというのが実情ではないでしょうか。

そんなときこそナイトブラで、しぼみ気味のバストをしっかりとサポートしてあげましょう。

授乳中の人がつけやすいナイトブラ

授乳中は、母乳を出すためにバストが一番頑張る時期。

そんな大切な期間を支えるナイトブラをしっかりチョイスしたいものです。

授乳中の人がつけやすいナイトブラ選びのポイント

授乳中はほどよい締め付感のあるナイトブラを選んでリンパの流れをよくするように心がけてください。

また、ブラをつけたままでも授乳しやすいような構造になっている商品を選ぶようにしましょう。

授乳中の人におすすめのナイトブラ

卒乳直後の人がつけやすいナイトブラ

卒乳直後は、急激にバストがしぼんでしまうことがあります。そんなときこそ、バストをきれいに保てるようにナイトブラを使いましょう

卒乳直後の人がつけやすいナイトブラ選びのポイント

卒乳するとバストがしぼんできますが、形がきれいになるように、ある程度の締め付けがあるナイトブラが好ましいです。

例えばシンプルなハーフトップブラよりも、立体的な構造でバストをしっかりとホールドするタイプがおすすめ。

まとめ:妊娠中も授乳中、卒乳後もナイトブラはつけるべき

妊娠中はもちろんのこと、授乳中や卒乳後こそ、ナイトブラをつけるのがおすすめ。

バストの状態や、時期に合わせて適切なナイトブラを選んできれいなバストラインをキープしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です