ナイトブラは妊娠中でも使える!【気をつけたいポイント】

妊娠すると、お腹だけでなく、バストもどんどん大きくなって普段付けていた下着のサイズが合わなくなってきます。

そんなとき、多くの妊娠さんはマタニティブラを新調する方が多いようです。

しかし、実はマタニティブラではなくナイトブラを使用することでたくさんのメリットを得ることができます。

「ナイトブラ をしてみたい・・」

「今までしていたけど続けてもいいのか?」

妊娠中は赤ちゃんや自分の体に何かがあったらと考えてしまい、何をするにも本当に使ってもいいのかな?と心配になりがちですよね。

この記事では、ナイトブラ で人気のあるViageビューティーアップナイトブラ とふんわりルームブラの公式サイトからに実際に電話をして確認をしてみて教えて頂いた、妊娠中でもナイトブラ は使えるのか?また注意すべきポイントをまとめてあります。

ぜひ、この記事を読んで参考に少しでも不安が解消できればと思います。

ナイトブラは妊娠中でも使える!

ナイトブラ はどちらも妊娠中でも使用可能だということがわかりました。

妊娠中にこそおすすめしたい理由とまた妊娠中のデリケートな時期なので注意が必要なところがありますのでご紹介します!

妊娠中にこそナイトブラがおすすめな理由

逆にナイトブラ は妊娠中こそおすすめしたい商品でもあります。

理由としては2つ挙げられます

  1. ゆったり過ごせる
  2. 妊娠中のバストの成長を促す

ゆったり過ごせる

妊娠中は出来るだけゆったりした格好で過ごしたいと思いますよね?

元々ナイトブラ は寝る時様に作られているので、睡眠の妨げにならない様にノンワイヤーでゆったりと過ごせる様に伸縮性に優れています。

ナイトブラ は普通のブラジャーとは違い、大体S~Lサイズとなっているのでサイズが変わりやすい妊娠の時期でも長く使用することができます!

また、体調が悪く寝ている状態が多い妊娠中でもバストの流れを防いでくれるのでおすすめなんです。

逆にワイヤー入りのブラジャーは、乳腺の成長の妨げに繋がるので妊娠中にはあまりおすすめできません。

妊娠中のバストの成長を促す

妊娠中は個人差はありますが、上の図の様に短期間で約2カップ程サイズが大きくなるので、とくにバストの変化が大きい時期です。

バストに脂肪が付き、乳腺が発達して行きますので当然バストを支えるクーパー靭帯にかかる負担も大きくなると言われています。

重くなればなるほどクーパー靭帯に負担がかかってしまい普通のブラジャーでは対応しきれなくなってきます

そこでナイトブラ によってしっかりとサポートして守ってあげることが大切なんです!

しっかりと守ることで乳腺の発達の妨げにならないので、妊娠期のバストの自然な成長を促してくれます。

クーパー靭帯について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

妊娠中におすすめのナイトブラ はこちら

妊娠中にはこちらのふんわりルームブラがおすすめです!

この商品は、程よい補正力で着けていてつけ心地は抜群でかなり楽に過ごすことができます。

フロント部分にホックが付いていて調整も可能なので、苦しく感じたらホックを外すことができるので特に体調が安定しない妊娠時におすすめしたい1つです。

カラーも沢山あるのでとっても可愛いですよ〜!

実際に着用したレビューがありますので参考に見てみてください。

妊娠中のナイトブラ の注意点とポイント

妊娠中の体は、実感しているかもしれませんが思った以上にデリケートな状態になっていますよね。

そこで、快適に付けるためにも注意して欲しいポイントがいくつかありますのでまとめてみました!

注意して欲しいポイント

  1. 締め付けはNG
  2. サポートセンターに電話
  3. 肌に優しい素材
  4. サイズがキツくなったら1サイズ上に
  5. 伸縮性に優れたナイトブラ
  6. 体調が悪い時は無理につけない
  7. 妊娠後期や授乳中は使用を控える

ポイント1・締め付けはNG

一般的にショーツでの締め付けは良くないと言うことはよく言われていますよね。

妊娠中は体型も変わりやすくバスト、アンダーバスト周り、背中に徐々に脂肪がついてきます。

そのため、普段の体と比べるとナイトブラ が短期間でサイズが変わりキツくなりやすい状態です!

ナイトブラ はかなり伸縮性もありますが、それでも付け方によっては妊娠中の体には負担になることがあります。

妊娠中のバストは、これからお産や産後の授乳に備えて乳腺が発達していく段階でもあり、締め付けによって自然なバストの変化を妨げてしまうことがあります。

妊娠中はプロゲステロンの働きによって血液量が増えてお産と子育てに備える仕組みになっていて、下着による締め付けによ圧迫で体への影響が出やすくなっています。

そのため、締め付けてしまうと乳腺が傷ついてしまい、ホルモンバランスに影響が出てしまう危険性があります。

ホルモンバランスに影響があるという事は、赤ちゃんの成長にも母乳の出具合にも影響してしまうということになります。

赤ちゃんの為にもきついサイズを我慢して付けるのはやめましょう!

ポイント2・サポートセンターに電話

まずは、欲しいと思ったナイトブラのサポートセンターに電話で妊娠中でも使用可能な商品なのか確認してみるのが、一番安心できるでしょう!

中には、あまり妊娠している人向けではない商品もありますので妊娠中は、自己判断では購入するのを控えた方が無難です。

特に今回電話対応してくれたViageとふんわりルームブラは専門知識のある女性の方が電話対応してくれる場合が多く、その人の状況に合わせて対応してくれるので気軽にかけてみてくださいね!

無理に買わせようという事はありませんので安心して大丈夫です。

お昼休みや、夕方に電話は電話が混み合う事が多いので、それ以外の時間帯がおすすめです。

ポイント3・肌に優しい素材

特にデリケートな時期なので、ちょっとした繊維の刺激でも肌や乳首がスレてしまって痛かったりする事がありますよね?

そこで、綿100%の物や肌触りが良いものが通気性も良く、蒸れないのでトラブルが起きにくいです。

また内側の構造で縫い目があると痛くなってしまう事もあるので、縫い目がなくフラットで滑らかになっているものがとくに妊婦さんにはおすすめです!

ポイント4・サイズがキツくなったら1サイズ上に

サイズが少しでも窮屈に感じ始めたら、無理せずワンサイズ上のものにサイズアップする様にしましょう!

カップだけではなくアンダーバストもサイズが変わってきますので、出来るだけ買い換える時は、サイズを計り直してから買うのがおすすめです。

出来るだけサイズに合わせて小まめな買い替えが必要です。

自分で測れるバストサイズの測り方を知りたい方はこちら

ポイント5・伸縮性に優れたナイトブラ

妊娠中は初期のつわりから始まって、お腹が大きくなってきて後期にもつわりが現れる事もありますよね。

アンダーバストは大体胃のあたりにゴムが来ることにより、伸びが悪く締め付けが強いものだと、先ほどお話ししたホルモンの影響だけではなく、気持ち悪さや胃もたれの原因にもなってしまうことがあります。

緩すぎたら意味がありませんが、程よいフィット感のゆったり出来るものを選ぶ様にしましょう!

ポイント6・体調が悪い時は無理につけない

妊婦さんは日によっても体調や体は変化していますので、ナイトブラ 自体がストレスになってしまう事もあると思います。

体調が悪い時や、ナイトブラ がストレスに感じてしまう時は無理して付けることはやめて、一旦着用を控える様にしましょう。

まずは、体を第一に優先して体調の良い日は着用してみる等調整してみてくださいね!

ポイント7・妊娠後期や授乳中は使用を控える

ナイトブラ は付けていて楽ですが、胸を流れない様にする為に多少着圧のサポートが入っているので妊娠後期や授乳中は使用を控えてその時期だけはマタニティ専用のものか授乳用のものを使用する様にしましょう。

授乳が終わってからまたナイトブラ の使用を再開するのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

少しでも不安が解消できていればと思います。

妊娠中はホルモンの影響で少しのことでも不安になってしまうと思いますが、お母さんと赤ちゃんの為に少しでも快適な幸せな妊娠生活を送れる様にナイトブラ を活用しながら過ごしてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です