ナイトブラのつけ方まとめ【正しい付け方で育乳効果UP❗】

夜寝るときに着用するナイトブラには、バストが垂れる原因となるクーパー靱帯の保護や、バストの肉が脇や背中に流れてしまうのを防ぐ働きがあります。

しかし、正しく付けなければその効果は発揮されません。ナイトブラを正しく着用して美乳・育乳を目指しましょう。

ナイトブラを正しくつける理由は?

 

ナイトブラを普通のいつものブラジャーのようにつけてもナイトブラ本来の効果が得られません。それどころかバストにバストの型崩れ原因や肩こりの誘発のようなマイナスになる効果も引き起こしてしまいます。

正しいつける意味

ナイトブラは就寝中に身に着けるだけでバストアップができる夢のようなブラで、バストの型崩れを防ぐことも可能です。 しかし正しい付け方をしないと逆効果になってしまうことも!? まずは自分のバストサイズに合うナイトブラを選ぶことがポイントです。 ただ付けるだけでなく、自分のサイズに合ったものを正しく着用し、理想のバストを手に入れましょう。

ナイトブラの正しい基本の付け方

  • STEP.1
    足下から履くようにする

    まず最初に、ナイトブラは頭からで被るのではなく足下から履くように着用します。

    その際、お腹周りや背中の余分な肉を一緒に持ち上げるよう意識します。ブラがバストのところまで上がったら、カップ部分に胸を合わせます。このとき後ろは脇までしっかりと持ち上げてからショルダー部分に腕を通します。

  • STEP.2
    カップ部分に合わせたバストを入れ込む

    次にカップ部分に合わせたバストを入れ込んできます。少し前にかがんだ状態からブラの中に手を入れて、脇の部分から背中・脇肉をバストまで流し込むように持ってきます。

    背中と脇の余分な肉をバストまで持ってきたら、カップに入れ込みます。少しショルダーを上に引っ張りあげるようにしながら起き上がり、反対側も同じように行います

  • STEP.3
    お腹の肉を引き上げる

    今度はお腹の肉を引き上げます。指を2本谷間に差し込み、バストラインの丸みに沿ってお腹の肉を引っ張り上げます。中央から引き上げることで、丸みのあるバストに仕上がります。

    このとき空いているほうの手でバストを少し持ち上げるように支えるとやりやすくなります。中央から引き上げることで、丸みのあるバストに仕上がります。

  • STEP.4
    もう一度脇肉をバストに入れ込む

    左右ともにお腹の肉を引き上げられたら、最後にもう一度脇肉をバストに入れ込みます。

    ショルダーを少し持ち上げ、脇の下のほうから谷間に向かって引き上げるようにして入れ込みます。

    このときもバストラインの丸みに沿うように意識しながら引き寄せてください。

  • STEP.5
    最後に鏡で確認

    ナイトブラを着け終えたら、鏡に上半身を写して確認しましょう。

    はみ出ているお肉がないか?ねいじたりよれたりしていないかチェックしましょう。

ナイトブラが正しくきた時の効果

胸の型崩れの軽減

日中の生活ではバストは下に下がりますよね。そのため通常のブラジャーは下からバストを支えています。 では就寝時はどうでしょうか。仰向けの場合バストは横に広がり、横になった場合はもう片方のバストへ下がっていきます。これが型崩れの原因となります。 ナイトブラは全方向から流れるバストをサポートしてくれます。正しく着用することで、型崩れを防止してくれます。

肩こりや首のこりを

就寝時は何十回も寝返りを打つと言われています。しかし女性はバストが邪魔をするので寝返りが打ちにくい傾向にあります。そのため就寝時に疲れが取れず、目覚めたときには肩こりを感じる方も多いようです。 ナイトブラを正しく付ければ、バストをどの方向からもサポートしてくれるため寝返りを快適に打つことができます。そのため肩や首のこりを解消することができます。

ナイトブラを正しくつけないと起こる逆効果

胸が垂れる

ナイトブラを正しく付けないと逆に胸が垂れてしまうこともあります。 就寝時は何十回も寝返りを打つので、その回数だけバストが左右に振られてしまいます。 ご自分のサイズよりも大きいサイズのナイトブラを着用すると、しっかりバストをサポートすることができず、逆に垂れ下がっていってしまうのです。

バストのお肉が背中や脇に流れてしまう

背肉や脇肉は就寝中に流れたバストが流れてしまったものである可能性があります。 ナイトブラを正しくつければ、一度流れた背肉や脇肉も本来のバストとして蘇らせることができます。 逆にナイトブラを正しく付けないと、しっかりとバストをサポートすることができないため、バストのお肉がどんどん背中や脇に流れていってしまいます。

ナイトブラ自体の寿命が縮まる

ナイトブラは通常のブラジャーのようにホックがついているタイプはほとんどありません。 頭から着てしまうとゴムが伸びやすいので、長持ちさせたい場合は足元から着脱することをオススメします。 一度ゴムが伸びてしまうとしっかりとフィットさせることができなくなってしまい、せっかくぴったりだったサイズも大きめのものになってしまいます。

まとめ

ナイトブラは寝ているときに垂れてしまうバストを固定するだけでなく、これまで背中や脇に流れてしまっていたバストをもとの位置に戻す効果があります。

また余分な肉をバストとしてキープすることでバストアップの効果にも期待できます。ナイトブラにバスト周りの肉をしっかり入れ込み、形を整えることで丸みとハリのある綺麗なバストが手に入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です